御◯屋で坦々麺ランチ

昼休みに天神南まで足を延ばして、御◯屋に行ってみた。前回はつけ麺を食べたので、今回は坦々麺ランチがお目当て。 坦々麺のスープはそばつゆ仕立てで甘口。そしてゴマの香ばしさと甘さが加わって、さらに甘口。辛さは普通を選んだけど、控えめだった。2倍に…

肉そば屋 喰海の『肉そば』

昼休みに、また天神ビル地下1階にある『肉そば 喰海』に行ってみた。 前回は初来店なのにカツ丼を食べてしまったので、 今度こそ肉そばを食べると決めていたからね。 和そばと特製平麺でかなり悩んだけど、そば屋なんだから和そばを食べるべきと思い、 肉そ…

ベルアメール

ホワイトデーという口実で、仕事帰りに岩田屋本館地下2階にある『ベルアメール』に寄って、 『3種のガナッシュケーキ』を買った。 ホワイトとミルクとビター、 3種のチョコレートの層は見た目にも美味しそうで、実際美味しかった。 チョコレート生地とビター…

『WEB+DB PRESS Vol.97』 を読んだ

『React で作るシングルページアプリケーション入門』で使っている Flux フレームワークは、 Redux ではなく Facebook の flux だった。 flux、以前は dispatcher だけだったのでチェックしていなかったら、 いつの間にか一端の Flux フレームワークになって…

肉そば屋 喰海の『かつ丼』

昼休みに、天神ビル地下1階にある『肉そば屋 喰海』に行ってみた。 ここは蕎麦屋なのかな。 グルメ本によってはつけ麺のカテゴリに載ってたりするけど、きっと蕎麦屋だろう。 初めて来たというのに、店名にもなっている肉そばではなく、かつ丼を注文してし…

Xamarin Forms でナビゲーションバーの左側にアイテムを配置する方法メモ

最近、Xamarin Forms で iOS アプリを開発している。 Xamarin Forms は XAML で記述できるので、WPF に慣れている身としては、 Storyboard よりも UI を作成しやすくて良いね。 Grid や StackLayout といったレイアウトが超便利だ。 一方で、「こんなことも…

『かぐや様は告らせたい(4)』を読んだ

『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』の 4 巻がようやく Kindle で発売されたので、 購入して読んだ。 4 巻のお気に入りは藤原書記による特訓回だな。やっぱり。 今回は自分の得意分野だからと侮っていたために、 再び地獄の門を開いてしまうと…

ニューラルネットワークに対する勾配を実装してみた

c#

C# でゼロから Deep Learning を実装する挑戦の続き。 4 章もようやく終盤で、いよいよ機械学習に入る。 今回はニューラルネットワークに対する勾配を実装してみた。 using System; using System.Linq; using MathNet.Numerics.LinearAlgebra; namespace Gra…

ア・ラ・カンパーニュ

会社帰りに、福岡三越地下2階にある『ア・ラ・カンパーニュ』でタルトを買って帰った。 まだバレンタインセール中で、タルトとはいえチョコが使われているものを買うのは、 心理的ハードルが高めだ。 チョコレートのタルトは予想していたよりもかなりビター…

『まつもとゆきひろ 言語のしくみ』を読んだ

本書は、Matz こと『まつもとゆきひろ』氏が Streem という新しいプログラミング言語を開発するという、 日経 Linux で連載した記事をまとめて書籍にしたもの。 Streem のプログラミングモデルや文法を考え、 ガベージコレクションを含めた言語処理系だけで…

勾配降下法を実装してみた

c#

C# でゼロから Deep Learning を実装する挑戦はまだ 4 章。 機械学習で使う勾配降下法を実装してみた。 勾配を計算するメソッドは前回記事を流用している。 using MathNet.Numerics.LinearAlgebra; using System; using System.Linq; namespace GradientDesc…

勾配を実装してみた

c#

C# でゼロから Deep Learning を実装する挑戦を少しずつ進めている。 まだ第 4 章だけど。 今回は勾配を実装してみた。 using MathNet.Numerics.LinearAlgebra; using System; using System.Linq; namespace NumericGradientSample { class Program { static…

『かぐや様は告らせたい(1)〜(3)』を読んだ

ヤングジャンプで連載中の『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』の 1 〜 3 巻を Kindle で買って読んだ。ラブコメを買ったのはかなり久しぶりだ。 主人公の白銀とかぐや、 二人の天才が繰り広げる「いかにして相手に告らせるか」の頭脳戦に、 グ…

数値微分を実装してみた

c#

C# でゼロから Deep Learning を実装する挑戦の続き。 今回は第 4 章の数値微分を実装してみた。 using System; namespace NumericalDifferentiationSample { class Program { static void Main(string[] args) { // 微分 Func<double, double> function1 = x => 0.01 * Math</double,>…

博多拉坦麺まるたん

昼休みに、天神南駅から出て直ぐのところにある『博多拉坦麺まるたん』に行ってみた。 坦々麺ではなく拉坦麺。ラーメンと坦々麺をミックスしたものなんだろうか。真相を解明すべく、拉坦麺とご飯、餃子のセットを注文してみた。 拉坦麺は野菜でとったスープ…

『最速でおしゃれに見せる方法』を読んだ

本書はおしゃれについて、センスなんてよく分からないものを持ち出して思考停止することなく、理論化を試みた意欲作。 おしゃれに見せる方法とは、つまるところ、「ドレスとカジュアルのバランス」をとること。確かに、雑誌やテレビでよく見る、ジャケットに…

損失関数を実装してみた

c#

C# でゼロから Deep Learning を実装する挑戦の続き。 今回は第 4 章で紹介されている損失関数(2乗和誤差と交差エントロピー誤差)を実装してみた。 using MathNet.Numerics.LinearAlgebra; using System; using System.Linq; namespace LossFunctionSample {…

『スティーブズ (1)〜(6)』を読んだ

Kindle で『スティーブズ』を 1 巻から 6 巻までまとめ買いして読んだ。 このマンガはスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアック、2人のスティーブが主人公。だからスティーブズ。ライバルとして、ビル・ゲイツも出てくる。このゲイツ君が良いキャラ…

入船食堂

会社帰りにちょっと足を延ばして、住吉にある『入船食堂』に行ってみた。この店は福岡でも珍しい、家系ラーメンを出している店だそうな。 ラーメン中盛りを頼んでみた。 家系ラーメンは初めて食べる気がする。 醤油豚骨の濃厚なスープに鶏油のアクセントが加…

黒一

昼休みに、天神一丁目にある『黒一』に行ってみた。ここは焼肉の店なのだが、聞いたところによると、ランチが凄いらしい。 『重ねステーキ丼』と、肉の量が2倍の『特大重ねステーキ丼』で迷ったが、さすがに2倍はやり過ぎと思ったので、『重ねステーキ丼』を…

まぐろ料理紀文

ここ最近は外食が続いているけど、魚を食べていなかった。 これではいけない、というわけで福岡天神センタービル地下一階にある『まぐろ料理紀文』に行ってみた。 刺身付きの定食にするか鉄火丼にするかで悩んで、鉄火丼を選択。 メニューに書いてあった一番…

侑久上海

たまには中華を食べたいと思ったので、天神3丁目にある『侑久上海』に行ってみた。ここはグルメ本でチェックしていた店。人気店、しかもランチタイムだったけど、5分程度待つだけで席に付けた。ラッキーだ。 麻婆丼のセットを注文。しばらくして、山椒の焼け…

とり田 福岡パルコ店

福岡パルコの地下一階にとり田がオープンしていた。水炊きではなく担々麺の方が。そういえば、一年くらい前に美野島まで食べにいったな。久しぶりに食べたくなったので入ってみた。 注文したのは担々麺と唐揚げ、あとご飯のセット。唐揚げは味付けに水炊きの…

割烹よし田 はなれ

鯛茶漬けが有名な『割烹よし田』の隣に『割烹よし田 はなれ』というのが出来ていた。 はなれでもよし田と同じメニューが食べられるみたいだけど、新名物『鯛漬け丼』ははなれ限定。しかも1日15食限定。今回のお目当はこいつだ。 鯛の漬けだれは胡麻ダレだっ…

『WEB+DB PRESS Vol.96』を読んだ

『WEB+DB PRESS Vol.96』をようやく読み終えたので、読書感想メモを書いておく。 今号は特集が読み応えあった。 そのぶん時間もかかったが。 『特集1:レビュー実践研修』にある、ピアレビューは実践できている。 ただ、機能ごとにレビュー担当者がほとんど…

パティスリー・ジョルジュマルソー

クリスマスが終わって、男一人でもケーキを買いやすくなったので、渡辺通にある『パティスリー・ジョルジュマルソー』に行ってみた。ジョルジュマルソーといったら、大手門にあるフレンチの有名店。その店がプロデュースしたパティスリー店がここ。 会社帰り…

2017 年の抱負

毎年抱負を書いてはいるものの、達成できたためしはない。でも続けることが重要。性懲りも無く、2017 年も抱負を書きたいと思う。 2017 年は OSS に注力したい。それも、有名 OSS にコントリビュートするのではなくて、自らツールやライブラリを書いて公開し…

2016 年ふりかえり

今年は 30 分でもいいから毎日コードを書くことを目標にしていたが、 ぜんぜん達成できなかった。 後半の方では時間を確保できる日が増えてきたので、 挽回できるかと思いきや、 肝心の MacBook Pro がカーネルパニックを頻繁に起こすようになり、 とてもコ…

『アンサー』を買った

BUMP OF CHICKEN の新曲『アンサー』が iTunes Store で配信されていたので購入。 アンサーBUMP OF CHICKENJ-Pop¥250provided courtesy of iTunes 新曲が出ると数日は1曲リピートで聞き続けるんだけど、 今回も言うに及ばずリピートし続けている。 特に響い…

認証に xAuth を使う Web API を Python で呼び出すメモ

requests と標準ライブラリだけを使って書いてみた。 パラメータの指定、特に oauth_signature の作成がシンドイ。 Authorization の指定も。 # -*- coding: utf-8 -*- from random import getrandbits from time import time import hmac import hashlib im…

新型 MacBook Pro を買った

mac

家で使っている MacBook Pro がカーネルパニックを頻繁するようになり、開発どころかネットを見ることですら支障をきたすようになった。一度、初期状態に戻してみたけど、改善しない。これは寿命が来たのだろうか。購入してから 4年以上は立つからなぁ。 App…

超単純な 3 層ニューラルネットワークを実装

c#

C# でゼロから Deep Learnig を実装する挑戦の続き。 今回は超単純な 3 層ニューラルネットワークを実装してみた。 といっても、『ゼロから作る Deep Learnig』の 3 章の写経みたいなもの。 C# + Math.NET Numerics で試行錯誤しながら書いたコードは次の通…

MNIST データセットを読み込んでベクトルに変換

c#

C# でゼロから Deep Learning を実装する挑戦の続き。 この挑戦では、『ゼロから作る Deep Learning』同様に、 手書き数字認識のニューラルネットワークを実装するので、 MNIST データセットを利用する。 MNIST handwritten digit database, Yann LeCun, Cor…

活性化関数とソフトマックス関数を実装

c#

『ゼロから作る Deep Learning』を読んで C# で実装したみたくなった続き。 今度はニューラルネットワークで使う関数に挑戦してみた。 実装するのは活性化関数であるシグモイド関数、ReLU 関数。 そして出力層で使うソフトマックス関数。 あとおまけでステッ…

パーセプトロンで論理回路を実装

c#

『ゼロから作る Deep Learning』を読んで、C# で実装してみたくなった。 問題は NumPy の変わりに何を使うかだけど、C# には Math.NET Numerics というのがある。 numerics.mathdotnet.com ベクトルや行列の計算はできそう。テンソルはやってみないと分から…

『ゼロから作る Deep Learning』を読んだ

AlphaGo が碁の元世界王者イ・セドル氏に勝利したり、 IBM のワトソンが難症例患者の正しい病名を見抜いたり、 Google 翻訳がニューラルネットワーク版に切り替わって翻訳精度が劇的に向上したりと、AI が急激に身近になった昨今。 今さらながら AI、とりわ…

『松坂牛 100% 黄金のハンバーグ』を食べた

前から気になっていて、いつか食べたいと思っていた『松坂牛 100% 黄金のハンバーグ』を、ついに注文してしまった。 送料が 1000 円以上かかるから躊躇していたんだけど、楽天ポイントが送料分くらいたまっていたのでポチッと。 最初、勘違いして冷蔵庫で1晩…

御○屋

昼休みにちょっと足を伸ばして、ビックカメラ1号館横にある『御○屋』に行ってみた。カウンター席が空いていたので、直ぐに座れてラッキー。並んでたら、昼休み中に会社に戻れなかったかもしれない。 ランチのつけ麺セットを注文。プラス120円で大盛りにする…

VirtualBox でゲスト OS からホスト OS にアクセスするときに指定する IP アドレス

VirtualBox のゲスト OS からホスト OS にアクセスしたいことが結構ある。 例えば、ゲスト OS から、ホスト OS でデバッグ実行している Web API にアクセスしたいときとか。 必要になるたびにネットで調べているので、ブログにメモしておく。 ネットワークア…

redux-form で表形式入力的なフォーム

redux-form の FieldArray を使えば、 複数のデータを同時に編集して一括登録、 みたいなことができる。 表形式入力的なフォーム。 DataGrid もどき。 import React, { Component } from 'react'; import ReactDOM from 'react-dom'; import { createStore, …

redux-form でも react-bootstrap のフォーム関連コンポーネントを使う

試行錯誤の末に、 react-bootstrap が提供する FormGroup や FormControl といったフォーム関連コンポーネントを、 redux-form と一緒に使うことができた。 import React, { Component } from 'react'; import ReactDOM from 'react-dom'; import { createSt…

redux-form 慣れてきた

React でフォームを実装するためのライブラリは、決定版と呼べるものが見当たらないので、一番スターが多い redux-form を使っている。 github.com フォームの入力内容をストアに持つのはいかがなものかと思っていたのに、不思議と使っているうちに気になら…

『WEB+DB PRESS Vol.95』を読んだ

『特集2 Goによる並行処理』が凄く為になった。Go を選ぶ大きな理由の1つに、並行処理の書きやすさがあると思う。愛用している peco にも使われている、並行処理を実装するノウハウが、この特集に凝縮されていた。 Go やるなら必読。また読み返すと思う。 …

勝牛

京都の牛カツ店『勝牛』が天神西通りに出店していたので行ってみた。 昼前に行ったのでスンナリ座れたけど、すぐに満席になったので、 賑わっているみたいだ。 初めてなので、オーソドックスな『牛ロースカツ膳』を注文してみた。 牛カツは表面がカラッと揚…

RubyGems.org に公開している gem を削除する方法

gemcutter を使えば可能だった。 github.com gem 名だけでなくバージョンも必須。 公開しているバージョン1つ1つに実行して、全部消したらユーザーが公開している gem の一覧からも消える。 $ gem yank <gem 名> -v <バージョン></gem>

NeoBundle からの卒業

vim

Vim 8.0 がリリースされて、 プラグインを管理するための Package 機能が追加されたので、 Vim をアップデートするついでに NeoBundle から移行することにした。 Windows と Mac、どちらも使っているのは香り屋版。 www.kaoriya.net github.com 試しに NERDT…

『C# プログラマーのためのデバッグの基本&応用テクニック』を読んだ

デバッグに特化した本、しかも『応用テクニック』とあるので、 元 Microsoft の筆者による超絶技巧デバッグテクニックを期待してタイトル買いしたら、 紹介されているテクニックは既に自分がやっていることばかりだった。 ある程度経験を積んだ C# プログラ…

『Unity5 の教科書』を読んだ

IT 業界で働く人なら、一度はゲームを開発してみたいと思ったことがあるんじゃないだろうか。 ファミコン・スーファミ・プレステ・プレステ2と、 日本のゲーム業界最盛期に青春時代を過ごした人ならなおさら。 今なら Unity があるので、個人が趣味でゲーム…

Re:Angular

React 人気はまだ健在だけど、入力項目の多い業務アプリを実装するには辛かった。 この手の Web アプリには、双方向データバインディングがある Angular2 の方が向いてそうだ。 Angular2 が正式リリースになって、名前が Angular に変わったことだし、 本格…

『SQL アンチパターン』を読んだ

本書は SQL のアンチパターンを集めた、いわば『べからず集』。 良いパターンを集めた技術書はよく見かけるけど、 悪いパターンを集めたものは珍しい。 ただ、本書で扱っているアンチパターン自体は珍しいものではない。 データベースを使うアプリケーション…