波よ聞いてくれ(9)

ミナレがトラブルメーカーなのは周知の事実だけど、瑞穂もなかなかトラブルを引き寄せる。不幸体質?はじめて会った相手にホイホイついて行ってしまうのは、世間知らずがゆえなのか。でも、一応社会人だし、一人暮らししてたし、箱入りってほどでもなさそうなのに。

そんな囚われの瑞穂を救出すべく立ち上がった ミナレと、なんと茅代。初めてのタッグ。茅代は護衛用に猟銃携えて、こちらも良い意味でぶっ壊れてそう。2人の活躍に期待が止まらない。

あと、中原は良い奴で、欠点はミナレに惚れているところくらいだな。城華さんと結ばれておけばいいものを。お互い不憫。まぁ、ダメな奴に惚れるのはミナレも同じで、その点は似たもの同士と言えるか。

からかい上手の(元)高木さん(14)

14巻もひたすらちーが可愛かった。西片の気持ちは良くわかる。子供の手料理は嬉しくて過剰に褒めがちだし、バレンタインチョコを貰うためには、そりゃ腕立て1000回するよな。流石に1000回は無理だけど。

一方で、(元)高木さんと西片の、からかいとは名ばかりのイチャつき、読んでいてむず痒い。結婚してもからわかれるているのは、なんだかなぁ、とも思ったり。

からかい上手の高木さん(17)

落ちそうな荷物から高木さんを咄嗟にかばった西片の男らしい一面と、かばわれて赤面する高木さんのなかなか見れない一面、どちらもいと尊し。

北条さんは思った通り、いや、思っていた以上に魅力的なキャラになってきた。相手が浜口という点を除けば。高木さんのライバル的な立ち位置になれたら面白かったのに。西片と高木さんが磐石過ぎるから無理か。まぁ、連載が続くなら、今後登場回数増えてきそう。

あと、罰ゲームで「手を繋いで帰ろう」なんて発想が出るのに、高木さんと西片がまだ付き合ってないのはおかしいと思うのは、自分の感覚が古いんかな。時代だなぁ。

ポルコ

だいぶ前のソワニエの定食特集で知った、福岡市中央区渡辺通にある「ポルコ」に行った。昼はトンテキ、夜は居酒屋と形態が変わることを知らず、夜に来て出直すはめに。

f:id:griefworker:20220108161459j:plain

トンテキは 200g を注文した。ソースは店イチオシの、オリジナルウスターソースを選択。ご飯大盛り無料なのが嬉しい。

f:id:griefworker:20220108161502j:plain

トンテキはほどほどに柔らかく、ほどほどにかみごたえもあり。オリジナルウスターソースは甘辛いだけじゃなく、酸味にスパイシーさもあり、新鮮な味わいだった。200g でも十分お腹いっぱい。

f:id:griefworker:20220108161548j:plain

関連ランキング:ステーキ | 薬院駅渡辺通駅天神南駅

壱壱家

博多区大博町、サンパレスの近くにある「壱壱家」まで足を伸ばしてみた。国際会議場に用事で行ったとき近くを通り、店の前に何人か並んでいて気になったもので。

f:id:griefworker:20220108160839j:plain

ラーメン大盛を注文。久々に食べる、本格的な家系ラーメンだ。

f:id:griefworker:20220108160837j:plain

もちもち中太麺は食べごたえあり。どろっと濃厚スープは、味濃いめでご飯に合いそうだ。しょっぱ旨い。これぞ家系。ご飯頼めばよかったかもな。スープに浸した海苔で巻いて食べた絶品だっただろうに。

福岡で食べた家系ラーメンの中で1位2位を争う味だった。また食べたいと思うくらいに、結構気に入った。ただ、天神からも博多からも離れているのがネックだな。

r.gnavi.co.jp

とりまぶし

中洲にある「とりまぶし」は、鰻のひつまぶしではなく、鶏のひつまぶし、店名でもある「とりまぶし」を出している店。コロナ禍前は観光客で行列ができていたけど、今は昼なら比較的入りやすい。

f:id:griefworker:20220108160715j:plain

とりまぶし御膳の上を注文。一階カウンター席に座っていたら、鶏を焼く過程を目の前で見れて、待つ時間は苦にならなかった。

f:id:griefworker:20220108160712j:plain

炭火で焼かれた鶏皮と鶏身。皮はカリッカリで、身はふっくらジューシー。一杯目はそのまま、二杯目は薬味、三杯目は温玉、四杯目は水炊スープの茶漬けと、四度美味しい。温玉が特に気に入った。もちろん、そのままでもじゅうぶん美味。

f:id:griefworker:20220108160709j:plain

鰻のひつまぶしが最高なのは変わらないけど、とりまぶしも良いと思えた。今度は家族で食べに来てもいいかな、ってくらいに。鰻のひつまぶしと比べてリーズナブル。とはいえ、ランチとしてはお高めだが。

とりまぶし
〒810-0801 福岡県福岡市博多区中洲5-3-18 Tm-16ビル1F
3,500円(平均)1,500円(ランチ平均)
r.gnavi.co.jp

ベツ・バラーレ12号

地下鉄駅構内で配布している「Subクリップ」のテイクアウト特集で、六本松421内にある「ベツ・バラーレ12号」のガーリッククリームが紹介されていた記事を読んで、ずっと気になっていたんだけど、ようやく行くことができた。

f:id:griefworker:20220101083016j:plain

ランチのお得なセットには、お目当てのガーリッククリームが入ってなかったので、「トリオのガーリッククリーム」を単品で注文。

f:id:griefworker:20220101083019j:plain

ベツ・バラーレのパスタは太麺もちもちで、噛みごたえあり。ガーリッククリームはニンニクの旨味が効いていて、普通のクリームパスタよりも断然好み。具のチキンとベーコン、ソーセージがガーリックソースに良く合う。このガーリッククリームは期待以上だった。

r.gnavi.co.jp