読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嬉野旅行 1 日目

食べ歩きだけでなく旅行も好きで、 毎年最低でも1回は旅行に行っている。 今年も早々、佐賀県嬉野温泉に行ってきた。 近場なので1泊2日の小旅行。

嬉野バスセンターで高速バスを降りてから、10分ほど歩いたら宿泊するホテル『萬象閣 敷島』入り口に到着。 全体を撮りたかったけど、いい撮影ポイントが無かった。

f:id:griefworker:20150110144722j:plain

受付しつつ、抹茶と敷島プリンをいただく。 敷島プリンは上に抹茶ソース、底に黒蜜が入っていて、 和風で旨かった。

f:id:griefworker:20150110150050j:plain

受付が終わってプリン食べ終わったら、部屋に案内された。 和モダンな部屋でオシャレ。

f:id:griefworker:20150110151009j:plain

部屋に露天風呂が付いている。蛇口ひねると温泉が出てくるので、 湯加減調整しながら自分で溜めるタイプ。

f:id:griefworker:20150110151116j:plain

フロントで貸切露天風呂の空き状況を確認し、16 時にさっそく貸切露天風呂へ。 まずは5番湯。 冬でも風情あっていい。 これが秋なら紅葉が綺麗なんだろうな。

f:id:griefworker:20150110155947j:plain

貸切露天風呂から上がったら、早めの夕食。

刺身は結構厚めに切ってあって食べ応えあった。

f:id:griefworker:20150110180010j:plain

佐賀有田が有名な呉豆腐。汲み湯葉も入っていた。

f:id:griefworker:20150110181409j:plain

八寸は右端の柿チーズが甘くて好き。

f:id:griefworker:20150110184458j:plain

そしてこれが佐賀牛

f:id:griefworker:20150110180032j:plain

ホームページで予約したので、佐賀県産和牛(佐賀牛ではない)も付いてきた。

f:id:griefworker:20150110181452j:plain

こんな風に自分で焼く。 結構しっかり焼いたつもりでもミディアムレア。 脂が甘くてジューシーだった。

f:id:griefworker:20150110182203j:plain

土瓶蒸しでほっと一息。

f:id:griefworker:20150110184512j:plain

伊勢海老吉野煮は弾力がブリブリと凄かった。

f:id:griefworker:20150110190039j:plain

フカヒレと、〆のお茶づけ。 初めてフカヒレ食べたけど、不思議な食感。

f:id:griefworker:20150110191146j:plain

デザートのパンナコッタが来たころには、もうお腹いっぱいではち切れそうだった。

f:id:griefworker:20150110193506j:plain

夕食で腹がパンパンになったから少し部屋で休憩し、 2度目の貸切露天風呂へ。 今度はかまくら湯。 秘密基地みたいで男心がくすぐられた。

f:id:griefworker:20150110200008j:plain

この後、大浴場と部屋の露天風呂にも入ったので、合計 4 回お風呂に入ったことになる。

さすがに疲れたので、夜はフロントで借りた『アナ雪』の DVD を部屋で見つつまったり。

f:id:griefworker:20150110203257j:plain

アナ雪いつか見ようと思っていたけど、まさか旅行先のホテルで見ることになるとは思わなかったな。