読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vim script テクニックバイブル

book vim

自分は .vimrc に設定を記述する程度の、ドが付く Vim script 初心者。 Vim プラグインは使うのみで、書いたことも無ければ、ソースコードもほとんど読んでない。 だけど、Vim を使っているからには、Vim script を書けるようになった方がいいな、 とは思っていた。

そんな中、Vim script だけを扱ったマニアックな書籍がついに発売され、 ようやく重い腰を上げた。 テクニックバイブルという名前が付いていて、300ページ超あるけど、 内容は Vim script 初心者向け。 文字が大きいので、プログラミング経験がある人ならスラスラ読める。

本書の構成はざっと

  • Vim script の基本的な構文と Vim での使い方
  • Vim プラグイン開発実践
  • Vim 組み込み関数リファレンス、
  • デバッグ手法やライブラリといった実践テクニック

となっていて、Vim script 入門書であり、クックブックでもあり、API リファレンスでもある。 1 冊で 3 度おいしい。

中でも一番の注目は、Vim プラグイン開発の章。 実はこれが目的で購入してたりする。 「保存時に自動的に行末の空白スペースを削除するプラグイン」を題材に

  • ユーザー設定による副作用を回避する定型コード
  • 関数でプラグインの機能を実装
  • Exコマンドを実装
  • キーマッピングを実装
  • オプション変数を用意
  • ヘルプを作成

といった、Vim プラグインを作って公開するまでの一連の流れが掴めた。

実践テクニックの章では、Vim にデバッガ機能が搭載されていて、 ブレークポイントをセットできることを知れたのが大きい。 :echomesg を使ったプログラマお馴染みプリントデバッグでやるしかないと、 勝手に思い込んでいた。 デバッグが捗るに違いない。

本書を読めば、簡単なプラグインを書けるところまではたどり着ける。 実用的なプラグインを書くためには、そこからさらに勉強が必要。 公開されている Vim プラグインソースコードを読むのが一番良さそうだ。

まだアイデアが無いけど、Vim プラグインを書いてみたくなった。 利用している Vim プラグインソースコードを手本に勉強して、 アイデアが閃いたときに備えるとしよう。

Vim scriptテクニックバイブル?Vim使いの魔法の杖

Vim scriptテクニックバイブル?Vim使いの魔法の杖