読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WCF サービスを JSON に対応させる

はじめに

先日の REST のサンプルを JSON に対応させます。

JSON 対応は簡単

サービスコントラクトを修正。WebGet 属性に注目!

[ServiceContract]
public interface IProductService
{
    [OperationContract]
    [WebGet(UriTemplate = "/product/{id}/",
        ResponseFormat = WebMessageFormat.Json)]  // ←これを追加
    Product GetProduct(string id);
}

ResponseFormat プロパティに Json を指定しています。これだけ。

レスポンスが JSON になっているか確認

確認用のクライアントを作成します
class Program
{
    static void Main(string[] args)
    {
        HttpWebRequest request = (HttpWebRequest)HttpWebRequest.Create(
            "http://localhost:8000/ProductService/product/2/");
        HttpWebResponse response = (HttpWebResponse)request.GetResponse();

        // 本文を取り出す
        Stream stream = response.GetResponseStream();
        StreamReader reader = new StreamReader(stream);
        string result = reader.ReadToEnd();

        Console.WriteLine(result);
        Console.ReadLine();

        response.Close();
    }
}
クライアントの実行結果
{"Id":"2","Name":"ファンタ","Price":"120"}