読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WCF サービスを IIS7 でホストする手順

WCF サービスを IIS/7.0 でホストする手順をメモしておきます。

準備

WCF サービスを発行する
  1. 適当な WCF サービスプロジェクトを作成
  2. Visual Studio のソリューションエクスプローラー上でプロジェクトを右クリック
  3. 「発行」を選択
  4. デスクトップに WCFSample フォルダを作成し、そこに出力させる

これで Web サイトを構成するファイル一式が出力されます。今回はデスクトップに出力してみました。

Windows の機能を有効にする

「Windows の機能の有効化または無効化」で次の項目にチェックを入れます。

  • Internet Information Services → World Wide Web サービス → アプリケーション開発環境 → ASP.NET
  • Internet Information Services → Web 管理ツール → IIS 管理コンソール
  • Microsoft .NET Framework 3.0 → Windows Communication Foundation HTTP Activation
  • Microsoft .NET Framework 3.0 → Windows Communication Foundation Non-HTTP Activation

WCF サービスを IIS/7.0 にホストさせてみる

  1. コントロールパネル → 管理ツール → IIS Manager を開く
  2. Default Web Site に「仮想ディレクトリの追加」を行い、準備で作成した WCFSample フォルダとのフォルダマッピングを作成する(エイリアスは"WCFSample")
  3. 作成された WCFSample フォルダに対して「アプリケーションへの変換」を行う
  4. 物理フォルダ(デスクトップにある WCFSample)に対してファイルアクセス権の設定を行い、Everyone に対して読み取り権限を与える
  5. 確認のため、.svn ファイルを呼び出してみる