読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入船食堂

gourmet

会社帰りにちょっと足を延ばして、住吉にある『入船食堂』に行ってみた。この店は福岡でも珍しい、家系ラーメンを出している店だそうな。

ラーメン中盛りを頼んでみた。 家系ラーメンは初めて食べる気がする。

醤油豚骨の濃厚なスープに鶏油のアクセントが加わって、初めて経験する味で美味かった。豚骨よりも家系のほうが好みかもしれない。それに中盛りで、普段食べるラーメンの2杯分くらいボリュームがあった。これで 600 円は安い。気に入った。

関連ランキング:ラーメン | 渡辺通駅博多駅

黒一

gourmet

昼休みに、天神一丁目にある『黒一』に行ってみた。ここは焼肉の店なのだが、聞いたところによると、ランチが凄いらしい。

『重ねステーキ丼』と、肉の量が2倍の『特大重ねステーキ丼』で迷ったが、さすがに2倍はやり過ぎと思ったので、『重ねステーキ丼』を注文。

ステーキソースは醤油ベースなのか、味付けは控えめで、その分肉の味を味わえた。甘めの味噌ソースをお好みでかけることもできた。個人的にはかけないほうが好み。

あと、このステーキ丼は驚いたことに、ご飯の中にも肉が敷き詰められていた。だから『重ね』なのか。予想以上のボリュームで完食できるか最初不安だったが、さすが焼肉店というか、肉が柔らかくて軽く平らげてしまった。もう胃袋はパンパン。1週間分の肉を食べた気分だ。

関連ランキング:焼肉 | 天神駅中洲川端駅天神南駅

まぐろ料理紀文

gourmet

ここ最近は外食が続いているけど、魚を食べていなかった。 これではいけない、というわけで福岡天神センタービル地下一階にある『まぐろ料理紀文』に行ってみた。

刺身付きの定食にするか鉄火丼にするかで悩んで、鉄火丼を選択。 メニューに書いてあった一番人気という文字を信じてみた。

その鉄火丼の味は普通。まぁまぁ。まぐろの漬けは程よく浸かっていたと思う。 たっぷりかけてある海苔の主張が強かったな。

ただ、まぐろとはいえ 750 円は高いと感じたな。接客が非常に素っ気なかったから尚更。 ランチタイムならまだしも、客が少ない時間帯だったというのに。残念。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 天神駅西鉄福岡駅(天神)赤坂駅

侑久上海

gourmet

たまには中華を食べたいと思ったので、天神3丁目にある『侑久上海』に行ってみた。ここはグルメ本でチェックしていた店。人気店、しかもランチタイムだったけど、5分程度待つだけで席に付けた。ラッキーだ。

麻婆丼のセットを注文。しばらくして、山椒の焼ける香ばしい匂いをさせながら運ばれてきた。

麻婆豆腐は本格的な辛さと旨さ。山椒もいい具合に効いていてた。額にうっすら汗が滲むのも心地よい。麻婆豆腐とご飯は別々に食べたい派の自分でも、この店の麻婆丼はアリ。凄く気に入った。

スープにサラダ、マンゴープリンも付いて 790 円というのは、天神ではコストパフォーマンスが良い部類に入ると思う。 自分の中で、天神で中華を食べるときのファーストチョイスに躍り出たね。

関連ランキング:上海料理 | 天神駅赤坂駅西鉄福岡駅(天神)

とり田 福岡パルコ店

gourmet

福岡パルコの地下一階にとり田がオープンしていた。水炊きではなく担々麺の方が。そういえば、一年くらい前に美野島まで食べにいったな。久しぶりに食べたくなったので入ってみた。

注文したのは担々麺と唐揚げ、あとご飯のセット。唐揚げは味付けに水炊きのスープが使われているので、旨味が凝縮されている。二個だけでご飯平らげてしまった。テイクアウトしたい。

担々麺は前回より辛さがマイルドになっている気がする。気のせい?まぁ、これぐらいが自分には丁度いい。こちらも水炊きのスープが使われている。そして胡麻の甘さとコク、特製辛味ダレが合わさって、もはや最高。

一年ぶりに食べたけど、やっぱり美味かった。担々麺好きなので、会社近くに出店したのは嬉しい。今のところ、隣の極みやほど並ばずに入れるので、定期的に食べたくなりそう。

とり田 福岡パルコ店

食べログとり田 福岡パルコ店

割烹よし田 はなれ

gourmet

鯛茶漬けが有名な『割烹よし田』の隣に『割烹よし田 はなれ』というのが出来ていた。

はなれでもよし田と同じメニューが食べられるみたいだけど、新名物『鯛漬け丼』ははなれ限定。しかも1日15食限定。今回のお目当はこいつだ。

鯛の漬けだれは胡麻ダレだった。予想外。胡麻の香りが香ばしい。味付けは甘め。これ程に胡麻胡麻しい漬け丼は初めてだ。イケる。

鯛漬け丼に鯛の出汁をかけて、出汁茶漬けにも出来た。個人的にお茶よりも出汁をかけるほうが好みなので、鯛漬け丼には満足。鯛茶漬けよりこっちが好きだな。

関連ランキング:ふぐ | 天神駅西鉄福岡駅(天神)天神南駅

『WEB+DB PRESS Vol.96』を読んだ

book

WEB+DB PRESS Vol.96』をようやく読み終えたので、読書感想メモを書いておく。 今号は特集が読み応えあった。 そのぶん時間もかかったが。

『特集1:レビュー実践研修』にある、ピアレビューは実践できている。 ただ、機能ごとにレビュー担当者がほとんど固定されてしまっているのを、 なんとかしたいところ。 ChatBot を使ってランダムで担当者を割り当てる方法を試せればいいのだが、 あいにく ChatBot どころか Chat もないので、 別の手段を考えないといけない。

『特集2:Swift 3開発最前線』はなんというか、Swift3 への移行が大変そうだ。 Swift が出た当初は、「これで Objective-C を使わなくて済む」と喜んで飛びついたが、 まさか毎年アップグレードで苦しむことになるとは夢にも思わなかった。 大きな変更はこれが最後と言われてるが、はたしてどうかな。 Swift が出てすぐに実装した Bitbucket Issues のクライアントアプリは長いこと放置してるけど、どうしたものか。 Swift3 に対応するのは地獄を見そうで気が引ける。 かといって Xamarin に進むのも茨の道。 悩ましい。

『特集3:はやぶさ2小惑星探査ノウハウ大公開』は内容が非常に高度で、 宇宙科学技術で使われるデータフォーマットやプロトコルは興味深かった。 宇宙には憧れがあるので、NASA が開発した、実際に世界中で使われている OSS は触ってみたい。

WEB+DB PRESS Vol.96

WEB+DB PRESS Vol.96