読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『数学ガール』読んだ

book

関数型言語をきっかけに、数学について勉強し直したくなった。 その取っ掛かりに丁度良いと、だいぶ昔に買ったまま積んでいたのを、 重い腰を上げてようやく読んだ。

大学は情報系の学科を出たので数学は勉強してきたつもり。 だいぶ忘れてしまっているけども。思い出しながら読み進めていくと、 知らなかった知識に次々と出会った。 母関数とか数列や関数の解析技法とかテイラー展開とか、まぁいろいろ。

フィボナッチ数列の一般項を求めたり、 sin x = 0因数分解したり、 そういった驚きが幾つも散りばめられていた。 フィボナッチ数列の一般項は、本書でも序盤だけど一番衝撃的だったかも。

こういった本が学生のときにあれば、と一瞬思ったけど、 自分が高校生のときに理解できたかと問われれば非常に難しかっただろうな。 小説仕立てなので、 数学に強い興味をもっている人なら、 悪戦苦闘しながらも読み進められそうではある。

学生が読むのはもちろん良いけど、 数学への憧れを抱いたまま燻らせている大人こそ読んで欲しい本だと思う。

数学ガール (数学ガールシリーズ 1)

数学ガール (数学ガールシリーズ 1)