読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FontAwesomeKit の使い勝手が良かったので移行した話

objective-c ios

FontAwesome-iOS、motion-fontawesome を経て、 今は FontAwesomeKit を使っている。

FontAwesomeKit は開発が活発なので、最新の FontAwesome 4.0.3 に対応している。 しかも FontAwesomeKit という名前なのに、FontAwesome 以外のアイコンフォントもサポートしてたりする。 使ってないけど。

でも自分が FontAwesomeKit に移行する決め手になったのは、 UIImage への変換をサポートしていたこと。 UITabBarItem のような UIImage でしかアイコンを指定できないときに重宝する。

FontAwesomeKig は CocoaPods に対応しているからインストールは簡単。 Podfile に

pod "FontAwesomeKit"

を追加して

pod install

を実行するだけ。

FontAwesome のアイコンフォントを UIImage へ変換するのも簡単で、メソッド一発。

FAKFontAwesome *icon = [FAKFontAwesome startIconWithSize:20];
self.tabBarItem.image = [icon imageWithSize:CGSizeMake(20, 20)];

もちろん、ラベルに文字列として表示できる。

FAKFontAwesome *icon = [FAKFontAwesome startIconWithSize:20];
self.iconLabel.font = [icon iconFont];
self.iconLabel.text = [icon characterCode];

iOS アプリで FontAwesome を使うなら、FontAwesomeKit が現状では一番良い選択だと思う。