AtCoder

ABC085B - Kagami Mochi

atcoder.jp 実は並び替える必要はなく、重複している値を取り除いて残ったものを数えればいい。 LINQ 便利。 using System; using System.Linq; namespace ABC085B { class Program { static void Main(string[] args) { var n = int.Parse(Console.ReadLine…

ABC088B - Card Game for Two

atcoder.jp 降順にソートして、先頭から 1 つずつ Alice と Bob 交互に割り振っていけばいい。 using System; using System.Linq; namespace ABC088B { class Program { static void Main(string[] args) { _ = int.Parse(Console.ReadLine()); var a = Cons…

ABC083B - Some Sums

atcoder.jp 各桁の和を求める部分、とくに各桁の値を取り出すのに悩んだ。 「10 で割った余りを求める→10で割る」を繰り返す泥臭い方法になったけど、 もっとスマートに書けないものかな。 using System; namespace ABC083B { class Program { static void M…

ABC087B - Coins

atcoder.jp 0 <= A, B, C <= 50 なので、所持している硬貨の枚数の組み合わせは最大 125000 通り。 組み合わせ全パターン計算して X と一致するものを数えても、2 秒以内で余裕で間に合う。 using System; namespace ABC087B { class Program { static void …

ABC081B - Shift only

atcoder.jp 配列の中身を全部 2 で割り切れた回数をカウントすればいいな。2 で割り切れなかったら、結果を出力して即終了で。 using System; using System.Linq; namespace ABC081B { class Program { static void Main(string[] args) { var n = int.Parse…

ABC081A - Placing Marbles

atcoder.jp 要は、入力された文字列の中に '1' が何個出現するかを数えればいいわけだ。 using System; using System.Linq; namespace ABC081A { class Program { static void Main(string[] args) { var answer = Console.ReadLine().Count(x => x == '1');…

ABC086A - Product

昨日から始めた AtCoder。まずは AtCoder Beginners Selection を上から順に解いていく。 お次はこれ。 atcoder.jp 偶数かどうかを判定するには、2 で割った余りが 0 かどうかを見ればいい。今回は特に変わった解き方をせずシンプルに。 using System; names…

PracticeA - Welcome to AtCoder

ブログに書くネタ&プログラミング面接対策として、AtCoder を始めてみた。 まずは入門である AtCoder Beginners Selection からコツコツやっていく。 atcoder.jp b と c の代入に、あえての Deconstruct。 ただ単に Deconstruct を使ってみたかっただけ。 …