読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二刀流

小遣いの半分近くが au への支払いに消えてツライ

auiPhone 5 を使っていたけど、 2 年間の毎月割が切れたため、 月々約 7500 円の通信料を支払っていた。

少ない小遣いの半分近くが通信量に消え、 小遣い帳アプリと睨めっこしながら過ごす日々。 技術書を買うのもままならない。

iPhoneSE が出たので MVNO に切り替えることにした

ずっと MVNO 切り替えたかった。

残念なことに、auiPhone 5 は SIM ロック解除対象外。 MVNO に切り替えるには SIM フリーの端末を買うしかない。 だけど、iPhone 6s は大きさが好きになれなくて、購入を躊躇してた。

そしたらなんと iPhone SE が出た。 これはもう SIM フリーの iPhone SE を買って、MVNO に切り替えるしかない。

家族はみんな au なので au の回線は残しておきたい

au の家族割りなら家族間の通話が 0 円。 通話は家族とすることがほとんどだから、通話は au のままがいい。 ケータイとスマホの 2 台持ちをすることに決めた。

MVNO の通話込みのプランの方が安いとはいえ、 ケータイの安い料金プランと比べてちょっとだけだし、 家族間の通話が 0 円でなくなるのが痛い。

通話に関しては、自分には MVNO にするメリットよりデメリットが上回った。

数多ある MVNO の中から mineo を選択

mineo.jp

契約したのは D プランのデータ通信のみ 3GB。

自分のスマホの用途は Twitter や LINE、Feedlyはてブや Pocket なので、3GB で収まるはず。 ただし、万が一 3GB 使い果たしてしまったときに、速度制限かかってもいいから使えることが絶対条件。 3GB のプランがあって、比較的メジャーで、値段が安いところに絞り込んだ結果、mineo が残った。

mineo には Amazon でエントリーパッケージを購入してから申し込んだ。 エントリーパッケージだと事務手数料が不要になるのでお得。

ケータイ端末も購入することにした

なぜなら、既に GEO に売ってしまって、手元に無いから。 売ってしまったことが悔やまれる。 後悔先に立たずだな。

機種変更して新品買う場合 30000 円 くらいかかるので予算オーバー。 最新機種じゃなくていいし、中古でもいいので、ネットで安い端末の GRATINA2 を購入した。 利用したサイトは『ダイワンテレコム』。

www.dai-one.jp

状態が S ランクの、動作確認だけを行った新古品が 13000 円だった。 実際、届いた端末は新品同然だったので、不満は今のところまったく無い。

購入した端末を au ショップに持ち込んで機種変更した

家族以外にまったく電話しないわけではないので、無料通話は欲しい。

ケータイの料金プランは、 一番安い『プランEシンプル』だと無料通話がないので、 1000 円分の無料通話がある『プランSSシンプル』にした。

無料通話を加味すると、プランSSシンプルの方が自分にはお得。

ケータイとスマホの 2 台持ちにして 2 ヶ月たった

毎月の通信料は合計で 2500 円弱。 機種変更前と比べて 5000 円ほど安くなった。

5000 円あれば、技術書が 1 ~ 2 冊は買える。 1000 円のランチに 5 回は行ける。

2 年経たずに元が取れそうだ。

2 台持ちを続けられるか一抹の不安はある

メーカーから出る機種はスマホばかりで、 ケータイの選択肢は年々減少しているからね。 ケータイが発売されなくなったら、2 台持ちは成り立たなくなる。 次の機種変更までなら、新古品で乗り切れるかもしれないが。

ケータイが発売されなくなったそのときは、 通話も MVNO に乗り換えてしまうだろうな。

もしかしたら、MVNO と同じくらい安いプランが au から出てるかもしれない。 これに関しては、あまり期待できそうにないかな。