読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac OS X に ASP.NET 5 開発環境を構築

はじめに

そろそろ自宅の MacBook Pro にも ASP.NET 5 の開発環境を作るとしよう。

.NET Version Manager (DNVM) をインストール

Homebrew を使ってインストールする。

brew tap aspnet/dnx
brew update
brew install dnvm

Zsh の設定に追加して、dnvm コマンドが使えるようにしておく。

echo "source dnvm.sh" > ~/.zshrc
source ~/.zshrc

.NET Execution Environment (DNX) をインストール

ランタイムは CoreCLR で。

# プレビュー版の CoreCLR を試してみる
dnvm upgrade -r coreclr

ASP.NET 5 プロジェクトの雛形を生成できるようにする

npm で yo と generator-aspnet をインストールすれば、 プロジェクトの雛形が生成できるようになる。

# Node を入れてなければインストール
brew install node

# Yeoman は deprecated みたいなので個別にインストール
npm install -g yo bower grunt-cli generator-aspnet

あと、bowser と grunt もついでにインストール。 grunt じゃなくて glup でもよかったかも。

ASP.NET 5 プロジェクトを新規作成

yo aspnet

を実行するとプロジェクトの雛型が生成される。 Dockerfile まであるね。

f:id:griefworker:20151019064355p:plain

Startup.cs の中身はこんな感じ

これが最小の ASP.NET 5 アプリケーション。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Threading.Tasks;
using Microsoft.AspNet.Builder;
using Microsoft.AspNet.Http;
using Microsoft.Framework.DependencyInjection;

namespace HelloAspNet
{
    public class Startup
    {
        // For more information on how to configure your application, visit http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=398940
        public void ConfigureServices(IServiceCollection services)
        {
        }

        public void Configure(IApplicationBuilder app)
        {
            app.Run(async (context) =>
            {
                await context.Response.WriteAsync("Hello World!");
            });
        }
    }
}

ASP.NET 5 アプリを実行してみる

cd HelloAspNet
dnu restore
dnu build
dnx kestrel # または dnx web

ブラウザで表示させてみる

Safari を起動して、localhost:5000 にアクセスすると

f:id:griefworker:20151019064438p:plain

ちゃんと表示されてるね。

まとめ

Mac OS XASP.NET 5 の開発環境作れたんで、 クロスプラットフォームな Web アプリを何か作りたい。