読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『プロトタイピング実践ガイド』読んだ

book

趣味でWebサービスiOSアプリを開発していると、 ついすぐコーディングに入りがち。

自分が欲しい(または作りたい)アプリを作るから、 頭の中に完成イメージがあるとはいえ、その輪郭はたいていぼやけている。 そのため、勢いで実装し始めたものの、途中で使いづらいと感じて、 UI を変更することも少なくない。

実装中に UI を変更するのは大変だし、 UI の修正中は動いているところを見れないことも多い。 結果、モチベーションが下がる、というよくあるパターンに陥ってしまう。 それを回避するためにもプロトタイピングが必要。

ただ、闇雲にプロトタイプを作ればいいってものではない。 需要をリサーチし、ターゲットユーザーや利用状況を決め、 機能とコンテンツを選定する。 必要な機能だけに絞って実装し、その他の機能は潔くあきらめる。

そして、ペーパープロトタイピングまたは POP みたいなアプリを使ったツールプロトタイピングで、 レイアウトや画面遷移を検討。 デザインだけでなく使用感までチェックして改善を繰り返す。 なるほど、ここまで固めることが出きれば、開発の出戻りは少なそうだ。

WebサービスiOSアプリの新規作成または改善で、 本書の手順で開発してみようと思う。