読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Objective-C コードで Auto Layout を設定するためのライブラリを書いた

Xcode 5 になって、InterfaceBuilder や Storyboard で Auto Layout を設定しやすくなったけど、 コードで Auto Layout 設定したいときが稀にある。 例えば自分の場合、継承して使いまわすことを前提に View や ViewController のベースクラスを作るときとか。

一度 Auto Layout の便利さを体感したら、もう Frame を設定してまわるなんてやってられなくなる。 かといって、Auto Layout をコードで記述するのもなかなか苦行。 RubyMotion の motion-layout みたいに、良い感じにラップしたライブラリがあれば、少しは楽になるのに。 そう思ったんで、Objective-C にポートしてみた。

使い方は次の通り。

@interface TNAViewController ()

@property (nonatomic) TNALayoutManager *layoutManager;

@end

@implementation TNAViewController

- (void)viewDidLoad
{
    [super viewDidLoad];

    UIButton *button1 = [UIButton buttonWithType:UIButtonTypeSystem];
    button1.backgroundColor = [UIColor blueColor];
    [button1 setTitle:@"button1" forState:UIControlStateNormal];
    [self.view addSubview:button1];

    UIButton *button2 = [UIButton buttonWithType:UIButtonTypeSystem];
    button2.backgroundColor = [UIColor yellowColor];
    [button2 setTitle:@"button2" forState:UIControlStateNormal];
    [self.view addSubview:button2];

    self.layoutManager = [[TNALayoutManager alloc] init];
    self.layoutManager.view = self.view;
    self.layoutManager.subviews = @{ @"button1": button1,
                                     @"button2": button2, };
    [self.layoutManager vertical:@"|-15-[button1]-10-[button2(==button1)]-15-|"];
    [self.layoutManager horizontal:@"|-10-[button1]-10-|"];
    [self.layoutManager horizontal:@"|-10-[button2]-10-|"];
    [self.layoutManager strain];
}

@end

motion-layout とほとんど変わらない。 実際にシミュレーターで表示してみたのがこちら。

f:id:griefworker:20140308091934p:plain

横にしても

f:id:griefworker:20140308091947p:plain

ばっちり配置されてる。

Podspec を用意したので、Podfile に

pod "TNALayoutManager", git: "https://github.com/tnakamura/TNALayoutManager.git"

って書けば CocoaPods でインストールできる。 CocoaPods のおかげで、オレオレライブラリが簡単に再利用できて開発が捗るな。

2016/10/27 追記

iOS 9 から NSAutoLayoutAnchor を使えば簡単に Auto Layout をコードで書けるようになったので、 自作ライブラリは使わなくなった。

保守するつもりもないので公開停止。