読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作ライブラリを CocoaPods でインストールできるようにした

ADBannerView を画面下に配置するオレオレライブラリ TNAAdController を使うとき、 ファイルをプロジェクトに追加して使っていた。 これだとソースコードが分散してしまって、コピペと変わらない。 よろしくないので、CocoaPods でインストールできるようにしてみた。

まずプロジェクトのルート直下に podspec ファイルを作成。

# TNAAdController.podspec

Pod::Spec.new do |s|
  s.name     = 'TNAAdController'
  s.version  = '0.0.1'
  s.license  = 'MIT'
  s.summary  = 'Simple ad management class.'
  s.homepage = 'https://github.com/tnakamura/TNAAdController'
  s.author   = { 'Takashi Nakamura' => 'griefworker@gmail.com' }
  s.source   = { :git => 'https://github.com/tnakamura/TNAAdController.git', :tag => s.version.to_s }
  s.platform = :ios
  s.requires_arc = true
  s.source_files = 'TNAAdController/*'
  s.frameworks   = 'iAd'
end

MIT ライセンスファイルも作成して、 Git で 0.0.1 タグを作成して Github に push。

ディレクトリ構成は次のようになった。

.   
├── TNAAdController
    └── TNAAdController.h
    └── TNAAdController.m
├── LICENSE
├── README.md
└── TNAAdController.podspec

あとは

pod spec lint TNAAdController.podspec

を実行して検証に通れば CocoaPods 対応完了。

これで Podfile に

pod "TNAAdController", git: "https://github.com/tnakamura/TNAAdController.git"

を追加して CocoaPods でインストールできるようになったとさ。 めでたしめでたし。

2016/10/27 追記

Apple が iAd から撤退するのでライブラリの公開はやめた。