読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sequel でマイグレーション

ruby

Sequel にはマイグレーション機能があるので、Rails と同じようにテーブルの作成やスキーマ変更ができます。

サンプル程度ならアプリケーションのファイルに create_table べた書きでいいけど、ちゃんとしたサービス作るときはマイグレーションを使ったほうが良いですよね。

マイグレーションファイルの名前は、最初に通し番号またはタイムスタンプを付けて、APP_ROOT/db/migrate ディレクトリに配置するのが慣習。

001_create_users.rb
Sequel.migration do
  up do
    create_table :users do
      primary_key   :id
      String        :name, :null => false
      String        :password, :null => false
      DateTime      :created_at
    end
  end

  down do
    drop_table :users
  end
end

あとは APP_ROOT で次のコマンドを実行。

sequel -m ./db/migrate sqlite://sample.db

たったこれだけ。簡単ですね。sqlite://〜 の部分は、使っているデータベースに合わせて修正してください。