読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Titanium Mobileで開発するiPhone/Androidアプリ

日本初の Titanium Mobile 入門書。発売日にゲットして、ようやく読破。サンプルを実際に試しながら読み進めたので、時間かかりました。


本書は、Twitter クライアントと食べログクライアントを作成しながら、Titanium Mobile の使い方や、AndroidiOS の違いを説明する、という形になっています。手を動かしながら使い方を覚えられるし、AndroidiOS のアプリを開発したことがなくても理解できる内容です。JavaScript の文法は知っておく必要がありますけどね。


本書を読みながらサンプルを打ち込んでみたんですが、こんなシンプルなアプリでも所々で OS の違いを回避するためのコードを書かないといけないのか、というのが正直な感想です。iOSAndroid で使えるコンポーネントが結構違います。


AndroidiOS を両方サポートしようとしたら、if で分岐しまくるしかありませんね。もしくは、デザインパターンを駆使して、OS の違いを上手く扱うフレームワークを作るとか。簡単なアプリなら if で回避して済ませますが、凝ったアプリを作る場合、私なら Objective-CJava で開発するかも。


Titanium Mobile はシンプルなアプリの開発に向いてると思います。本書のサンプルにあるような、Web サービスのクライアントなんてぴったり。そう考えると、本書の内容は Titanium Mobile の入門には十分ですね。

Titanium Mobileで開発するiPhone/Androidアプリ (Smart Mobile Developer)

Titanium Mobileで開発するiPhone/Androidアプリ (Smart Mobile Developer)