読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S5 Reloaded で Web ブラウザを使ったプレゼンに挑戦

tool

仕事で社内向けにプレゼンしなければいけなくなったので、年末のこの忙しい時期に、せっせと資料をこしらえてる最中です。


自分の場合、テキストファイルに下書きした後 PowerPoint 使って清書、という流れで資料を作ることが多いんですが、清書めんどいし PowerPoint は使いにくい。エディタで書いた下書きをそのままプレゼンで使えたらいいのに!


そんなことを考えていたら、Web ブラウザでプレゼンできる HTML ベースのツールの存在を思い出しました。Slidy と S5 が有名なんですが、Slidy はプレゼンで使うマシンのブラウザで動かなかったので見送り。S5 の改良版 S5 Reloaded を採用しました。


ここから S5 Reloaded をダウンロード。


解凍した中身はこんな感じ。
f:id:griefworker:20101222170755p:image
大量の HTML ファイルがありますが、テーマ別にファイルが分かれているだけで、それぞれ独立しています。利用するテーマの HTML ファイル以外は削除しても大丈夫です。


HTML ファイルをエディタで編集してみました。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">

    <head>
        <title>S5: An Introduction</title>
        <!-- metadata -->
        <meta name="generator" content="S5" />
        <meta name="version" content="S5 1.3" />
        <meta name="author" content="Eric A. Meyer" />
        <meta name="company" content="Complex Spiral Consulting" />
        <!-- meta extensions -->
        <meta name="subject" content="S5 1.3beta7" />
        <meta name="creator" content="Christian Effenberger" />
        <meta name="contributor" content="youcan[64]netzgesta[46]de" />
        <meta name="publisher" content="s5.netzgesta.de" />
        <meta name="description" content="S5 1.3 is a very flexible and lightweight slide show system available for anyone to use (including transitions and scalable fonts and images)" />
        <meta name="keywords" content="S5, slide show, projection-mode, powerpoint-like, scala-like, keynote-like, incremental display, scalable fonts, scalable images, transitions, notes, osf, xoxo, css, javascript, xhtml, public domain" />
        <meta name="robots" content="index, follow" />
        <meta name="revisit-after" content="7 days" />
        <!-- meta temporary -->
        <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8" />
        <meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
        <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
        <!-- configuration parameters -->
        <meta name="defaultView" content="slideshow" />
        <meta name="controlVis" content="hidden" />
        <!-- configuration extensions -->
        <meta name="tranSitions" content="true" />
        <meta name="fadeDuration" content="500" />
        <meta name="incrDuration" content="250" />
        <!-- configuration autoplay extension -->
        <meta name="autoMatic" content="false" />
        <meta name="playLoop" content="true" />
        <meta name="playDelay" content="10" />
        <!-- configuration audio extension -->
        <meta name="audioSupport" content="false" />
        <meta name="audioVolume" content="100" />
        <meta name="audioError" content="false" />
        <!-- configuration audio debug -->
        <meta name="audioDebug" content="false" />
        <!-- style sheet links -->
        <link rel="stylesheet" href="ui/default_utf/slides.css" type="text/css" media="projection" id="slideProj" />
        <link rel="stylesheet" href="ui/default_utf/outline.css" type="text/css" media="screen" id="outlineStyle" />
        <link rel="stylesheet" href="ui/default_utf/print.css" type="text/css" media="print" id="slidePrint" />
        <link rel="stylesheet" href="ui/default_utf/opera.css" type="text/css" media="projection" id="operaFix" />
        <!-- embedded styles -->
        <style type="text/css" media="all">
            .imgcon {width: 100%; margin: 0 auto; padding: 0; text-align: center;}
            #anim {width: 33%; height: 320px; position: relative;}
            #anim img {position: absolute; top: 0px; left: 0px;}
        </style>
        <!-- S5 JS -->
        <script src="ui/default_utf/slides.js" type="text/javascript"></script>
    </head>
    <body>
        <div class="layout">
            <div id="controls"><!-- DO NOT EDIT --></div>
            <div id="currentSlide"><!-- DO NOT EDIT --></div>
            <div id="header"></div>
            <div id="footer">
                <h1>griefworker</h1>
                <h2>2010年12月29日</h2>
            </div>
        </div>

        <!-- ここから下がプレゼンの内容 -->
        <div class="presentation">
            <div class="slide">
                <h1>S5 Reloaded 入門</h1>
            </div>

            <div class="slide">
                <h1>S5 Reloaded って?</h1>
                <ol>
                    <li>Web ブラウザでプレゼンできるツール
                    <li>HTML + JavaScript + CSS で作られている
                    <li>S5 の改良版
                </ol>
            </div>

            <div class="slide">
                <h1>メリット</h1>
                <ul>
                    <li>テキストエディタで編集できる
                    <li>HTML で書くので内容を構造化できる
                    <li>バージョン管理ツールとの相性もいい
                </ul>
            </div>
        </div>
    </body>
</html>


ブラウザでファイルを開いてみると…
f:id:griefworker:20101222170813p:image
良い感じで表示されていますね。


エディタでプレゼン資料が書けるので、自分としてはすごく効率がいいです。プレゼンの内容を HTML で構造化して書けるから、全体を見通しやすい。さらに、バージョン管理ツールでファイルを管理しておけば、いつでも変更内容を元に戻せます。テキストファイルだからバージョン管理ツールとの相性も問題無し。


もう PowerPoint 要らないかも。