読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリケーション構成ファイル編集ツールを作るなら System.Configuration 名前空間のクラスが便利

.net

ユーザー用にアプリケーション構成ファイル編集するツールを作る場合、System.Xml 名前空間のクラスを使うより、System.Configuration 名前空間のクラスを使う方が楽です。

アプリケーション構成ファイルは、セクションを別ファイルに記述することが出来ます。

System.Xml や System.IO あたりを使ってゴリゴリやるのは大変。だって、どこにファイルがあるか調べないといけないですから。

その点、System.Configuration 名前空間のクラスを使えば、別ファイルの内容を勝手に読み込んで、勝手に書き変えてくれます。ファイルが分かれているかどうか意識する必要がありません。これはウレシイ。

string exePath = "アプリケーションのパス";
Configuration config = ConfigurationManager
    .OpenExeConfiguration(exePath);

// 試しに接続文字列を追加してみる
var builder = new SqlConnectionStringBuilder();
builder.DataSource = "local";
builder.InitialCatalog = "master";
builder.IntegratedSecurity = true;

var cs = new ConnectionStringSettings();
cs.Name = "Sample";
cs.ConnectionString = builder.ToString();

config.ConnectionStrings
      .ConnectionStrings.Add(cs);
config.Save();

ちなみに、ConnectionStrings 以外のセクションもちゃんと編集できます。