読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォーカル・ポイント

店頭に積んであるのを見て衝動買い

著者と監修者の名前で、つい購入してしまいました。でも、買ってよかったと思える内容。元を取るのはこれからですが。

フォーカル・ポイント

フォーカル・ポイント

仕事全体の上位20パーセントの効率がいい業務が、収益全体の80パーセントを生み出す

よく耳にする法則ですね。

  1. 下位80パーセントの業務は、すみやかに縮小するか外部委託するか止める。
  2. 「もっとも対価が高い仕事」や「もっとも重要な成果を生み出す仕事」に、より多くの時間を費やす。

この働き方を貫くことで、生産性が高まって生産量が増え業績が伸びると、本書は主張しています。以前読んだ「減らす技術」と近いですね。この主張が本書の柱です。

戦略的に人生を設計しよう

本書ではゴールを設定するための7つのステップを紹介しています。

  1. あなた自身が望むことを決める
  2. ゴールをわかりやすく具体的に紙に書く
  3. ゴールには締め切りをもうける
  4. やるべきことをすべてリストにする
  5. リストを人生設計や仕事の計画に組み込む
  6. 計画を速やかに実行する
  7. 毎日何かひとつ行動を起こすと決意する

ゴールと、その実現のために必要な事をはっきりさせておけば、あとは実行するだけです。ゴールや、やるべきことがはっきりしていないから、人は時間を無駄に過ごしてしまうわけで。逆にそれさえ分かっていれば、機械的にこなしていけばいい。これはまぁ、極論ですが。

本書に書かれている様々な質問に答えて、自分にとって重要なことを発見しよう

上位20パーセントの仕事や、ゴールが分かったら、あとは実行に移すのみです。私は本書を読んで「このままではいけない」と焦りましたw

もう一度、自分のゴールと計画を見直さなければ……!