読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

減らす技術

book

これまで読んだライフハック本とは正反対の内容

効率を上げて多くの仕事を処理するのではなく、やるべき仕事自体を減らすと言う、これまで読んだライフハック本とは正反対の内容でした。

本書は次の2原則を主張しています。

なにごとも制限しよう。
制限することで「本質に迫ること」を厳選することができる。

本質に迫ることだけを選ぶ。
時間とエネルギーを最大限活用し、小さな元手で大きなインパクトを生み出せる。

本書が紹介する方法はかなり極端です。「返信するメールの数を制限」したり、「自分のためにならない仕事は後回しにする」といったような。正直、本書で紹介されている方法は、そのまま使うのは難しい気がします。

「やりたい事をするために、やらない事を決める」というのは、良く言われる考え方です。本書の主張も基本的にはこれと同じ。中身は極端ですが。

やらない事をはっきりさせて、少しずつシンプルライフに移行していきたいですね。