読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rails で認証機能を実現する

ruby rails

はじめに

認証機能を実装するなら、Rails プラグインの restful_authentication を使うと簡単。
以下、作業メモ。

インストール

GitHub からプラグインをダウンロードする。
vendor/plugins ディレクトリに移動して次のコマンドを実行。

git clone git://github.com/technoweenie/restful-authentication.git restful_authentication

あらかじめ Git をインストールする必要あり。
ちなみに script/plugin ではインストールできなかった。

認証用のコンポーネント一式を生成

次のコマンドを実行。

ruby script/generate authenticated user sessions

user はユーザー情報を扱うモデルの名前。sessions はセッションを管理するコントローラの名前。コントローラの名前は複数形で指定すること。これでモデルやコントローラが生成される。
一緒にマイグレーション用ファイルが作られているので、

rake db:migrate

を実行してデータベースを作っておく。

認証用のヘルパーメソッドを全てのコントローラから使えるようにする

生成された UsersController を見てみる。

class UsersController < ApplicationController
  # ↓は ApplicationController に書く
  include AuthenticatedSystem
end

AuthenticatedSystem はこのクラスではなく、ApplicationController に記述する。よって削除。
ApplicationController を開いて

class ApplicationController < ActionController::Base
  # 新しく追加
  include AuthenticatedSystem
end

の1行を追加。

ログインしないとコントローラのアクションを呼び出せないようにする

コントローラに次の1行を追加する。

class ItemsController < ApplicationController
  # 1行追加する
  before_filter :login_required

これで、ログインしていない状態でコントローラのアクションを呼び出そうとすると、ログインページに飛ぶようになる。