読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャイアニズム

中国でスゴイ制度が導入されるみたいですね。

中国政府がデジタル家電などの中核情報をメーカーに強制開示させる制度を5月に発足させることが23日、明らかになった。


中国政府は実施規則などを今月中にも公表する方針をすでに日米両政府に伝えた模様だ。当初の制度案を一部見直して適用まで一定の猶予期間を
設けるものの、強制開示の根幹は変更しない。日米欧は企業の知的財産が流出する
恐れがあるとして制度導入の撤回を強く求めてきたが、中国側の「強行突破」で
国際問題に発展する懸念が強まってきた。


制度は、中国で生産・販売する外国製の情報技術(IT)製品について、製品を制御
するソフトウエアの設計図である「ソースコード」の開示をメーカーに強制するものだ。
中国当局の職員が日本を訪れ製品をチェックする手続きも含まれる。拒否すれば、
その製品の現地生産・販売や対中輸出ができなくなる。



中国、IT「ソースコード」強制開示強行へ…国家機密漏洩、知財流出など国際問題化の懸念

「お前のものは俺のもの、俺のものも俺のもの」ですか。なんというジャイアニズム

この制度が開始されたら中国に輸出していたり、開発拠点を置く企業はどうするんでしょうね?やはり撤退?というか撤退した方がいい。