読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ruby 版 LINQ?

ruby

少しずつ Ruby の勉強を進めています。今回は Enumerable。

Ruby の Enumerable モジュールを include したクラスは、C# の LINQ に似た構文でオブジェクトを検索できます。

Array クラスが Enumerable モジュールを include しているみたいなので、このクラスで試してみました。

#人クラス
class Person
  attr_accessor :name, :age

  def initialize(name, age)
    @name = name
    @age = age
  end
end

people = Array.new
people << Person.new("ルフィ", 17)
people << Person.new("ゾロ", 19)
people << Person.new("ナミ", 18)
people << Person.new("ウソップ", 17)
people << Person.new("サンジ", 19)

#LINQ みたいに絞り込む
results = people.select{ |p| p.age > 17 }.
                sort_by { |p| p.age }.
                collect { |p| p.name }

puts results
ナミ
ゾロ
サンジ

また、each メソッドが定義してあって、Enumerable モジュールを include しているクラスなら、同じ操作が可能になります。

#人クラス
class Person
  attr_accessor :name, :age

  def initialize(name, age)
    @name = name
    @age = age
  end
end

#人々クラス
class People
  include Enumerable

  def initialize
    @array = Array.new
  end

  def <<(person)
    @array << person
  end

  def each
    @array.each do |person|
      yield person
    end
  end
end

people = People.new
people << Person.new("ルフィ", 17)
people << Person.new("ゾロ", 19)
people << Person.new("ナミ", 18)
people << Person.new("ウソップ", 17)
people << Person.new("サンジ", 18)

#LINQ みたいに絞り込む
results = people.select{ |p| p.age > 17 }.
                 sort_by{ |p| p.age }.
                 collect { |p| p.name }

puts results
ナミ
ゾロ
サンジ

Enumerable 便利。

p が何度も登場したり、行末のピリオドが気になるけど。